HOME > DM資料館 > 書籍の紹介 > ワンダーマンの『売る広告』 顧客の心をつかむマーケティング
日本DM協会について
セミナー・研修
DM資料館
会員専用コンテンツ
DM協会オンラインショップ
無料メルマガ登録
トッパン・フォームズ株式会社
NTTタウンページ株式会社
アドレス通商株式会社
全日本DM大賞
バナー広告募集

ワンダーマンの『売る広告』 顧客の心をつかむマーケティング

協会監修 協会推薦 会員著書
著者 レスター・ワンダーマン
監修 株式会社電通ワンダーマン
出版 株式会社翔泳社刊
価格

概要

 ダイレクトマーケティングの生みの親であり、広告界の伝説的存在でもある、レスター・ワンダーマン。 
 本書は、ワンダーマンが執筆し、1998年春に電通から刊行されたものの改訂第二版である。

  『利益を生む広告』とはどのようなものなのか、著者自身が関わった広告活動の具体的なケースに基づき、自伝形式で綴っている。ダイレクトマーケティングの発見に至る過程と考え方、学んだルール、レスポンスを生む秘密をすべてありのままに披瀝している。まさに生きたレスポンス広告の教則本でもある。それは成功したものに限らず、失敗した事例の紹介からも学ぶところは多い。 

 改訂にあたり著者はいくつかの章を改訂、新章を加えている。新章では、コミュニケーション、マーケティングそして広告における大変革をもたらしている、インターネットとワールド・ワイドウェブについて、見解・考えを述べている。
ニューアイデア・インスピレーションの宝庫としても、この一冊はマーケター必読の書であろう。
詳細は翔泳社ホームページ( http://www.shoeisha.co.jp/ )まで。