HOME > セミナー研修 > DMマーケティングエキスパート > 2018年度DMマーケティングエキスパート認定資格試験
2018年度DMマーケティングエキスパート認定資格試験
PDFの閲覧
●DMマーケティングのプロとしての「業界標準」認定資格、「DMマーケティングエキスパート」資格取得に公式テキスト自己学習と受験でチャレンジできます●

DMマーケティングについて、業界標準の体系的知識や実務的なノウハウ等を身につけ、業界内や取引先にアピールできる「DMマーケティングエキスパート」資格が、公式テキストを自己学習することで取得にチャレンジできるようになりました。少ない費用で、自分のペースで資格を取得したい方にお勧めです。

【試験形式】
筆記試験(選択問題マークシート方式100問、計算および記述問題20問前後)

【更新について】
初回は20か月後(認定期間2020年9月末まで)、2回目以降は2年ごと。更新料(税別)は、DM協会会員 21,000円/名、一般 30,000/名。

【事前対策セミナー】
今年度より新たに、認定資格試験の事前対策セミナーを開講いたします。
「自己学習だけでは不安」「計算問題には自信がない」そんな方にぜひご参加いただきたいセミナーです。
出題の重要ポイントが確認でき、計算問題演習も体験できる充実の3時間です。
詳細≫https://www.jdma.or.jp/seminar/seminar.php?id=45
名称 2018年度DMマーケティングエキスパート認定資格試験
日時

2018年11月14日(水) 13:00~15:00

会場 東京会場(日本印刷会館)
大阪会場(新大阪丸ビル別館)
福岡会場(都久志会館)
参加費用 DM協会会員:21,000円/名(税別)
一    般:30,000円/名(税別)
協賛団体会員:27,000円/名(税別)
※協賛団体加入社様はお申込み時、備考欄に加入団体名をご記入ください。


【振込先】
・銀行名:三菱UFJ銀行 六本木支店
・口座番号:普通預金 0664196
・口座名義:シャ)ニホンダイレクトメールキョウカイ
※振込手数料は、各自でご負担をお願いいたします。
申込方法

個人申込と団体申込(同一企業で複数人の受験者がおり、窓口の方が受験に関する手続きを管理する場合)の2つの申込方法があります。
詳細は下記項目を参照してください。

申込締切

2018年9月28日(金) ※受験料のお振込は10月17日(水)までに行ってください。

個人申込の場合 ①webで申込する
本ページ下の「個人申込」ボタンをクリックし、申込フォームから締切までにお申込ください。

②受験料を振込む
申込が正しく行われると、直後に受付メール(自動配信)が送信されます。内容を確認してください。また、近日中に請求書をお送りいたしますので、振込期限までに受験料の振込をお願いいたします。
※領収書が必要な方は、別途事務局までご連絡ください。
※申込後1日経っても受付メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。
※事前に「@jdma.or.jp」ドメインのメールが受信できるように設定してください。

③受験票を確認する
2018年10月31日(水)に受験票を発送します。試験日の10日前になっても到着しない場合は、事務局までお問合せください。
団体申込の場合 ※団体申込とは、同一企業で複数人の受験者がおり、窓口の方が受験に関する手続きを管理する場合、受験料を会社単位で一括払いできるお申込方法です。

①申込フォームを事務局へ送信する
本ページ下の、「団体申込」ボタンをクリックし、申込フォームをダウンロード。期日までに必要事項を入力して、事務局までメール送信してください。

②受験料を振込む
お申込から近日中に、ご請求書を発送いたします。振込期限までに受験料の振込をお願いいたします。
申込後、10日経ってもご請求書が届かない場合は、事務局までご連絡ください。

③受験票を配布する
2018年10月31日(水)に、お申込み窓口の方へ全受験者の受験票を発送します。各受験者にお渡しください。試験日の10日前になっても到着しない場合は、事務局までお問合せください。
注意事項 【受験上の注意】
1)当日の持ち物
①受験票
②筆記用具(BまたはHBの黒鉛筆・シャープペンシル、消しゴム)
③時計(試験中に時刻のアナウンスはいたしません。携帯電話またはスマートフォン等電子機器を時計として使用することはできません。)
④電卓(7ケタ程度の計算ができるもの。携帯電話またはスマートフォン等電子機器を電卓として使用することはできません。)
※上記携行品は必ずお持ちください。お忘れになっても貸し出しはしておりません。ご注意ください。
2)お申し込み後の会場変更はお受けできません。
3)試験時間に遅刻した場合は、原則受験できません。(公共交通機関の遅延のみ、13:30までに紙媒体の遅延証明書を持参すれば受験可能。ただし試験終了時間は延長しません)
4)全受験者に対する試験中止以外の理由での返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
5)試験会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
6)必要な方は、ご自身で寒暖を調整できる衣類をご持参ください。

【受験・合格の取り消し】
1)受験に関わる申請内容に虚偽があった場合は、受験を停止します。
2)試験当日に不正行為が判明したときは、受験を停止します。また、試験終了後に不正行為が判明したときは、不合格とします。
3)試験に合格した者について、後日不正行為が判明した場合は、合格を取り消します。
4)上記に該当した者が既に納入した受験料は、理由の如何に関わらず返却しません。
協賛団体 ・全日本印刷工業組合連合会(http://www.aj-pia.or.jp/)
・一般社団法人日本コールセンター協会(http://ccaj.or.jp/)
・日本フォーム印刷工業連合会(http://www.jfpi.or.jp/JBFA/
・一般社団法人PODi(http://www.podi.or.jp/)
関連情報

ダウンロードボタンからお申し込みフォーム(xlsファイル)をダウンロードしてください。必要事項ご入力後、事務局までメール送信(dmme@jdma.or.jp)をお願いいたします。

申込書ダウンロード